TOPICS

中学生一日体験入学

 7月31日(火)実施の中学生一日体験入学には、中学生と保護者の方を合わせて約1,400名の参加がありました。今年度は、熱中症対策として体育館からプレゼンテーション室・社会科学教室・視聴覚教室の3教室に会場を変更して、全体説明(校長挨拶や総合学科についての説明、学校行事紹介)を実施しました。 また、各ホームルーム教室で2年生による「産業社会と人間」の体験授業を行いました。プレゼンターとアシスタントの2人1組で「東高校の1日」、「産業社会と人間」の1年間の流れ、1年時に作成した「私のライフプラン」を紹介しました。「東高クイズ」を準備したり、ビジネスプランの生徒が秘書検定の問題を出題したり、保育プランの生徒が折り紙を配って保育検定で出題された作品を全員で折ってみたり、各グループが趣向を凝らしていました。最後に、プラン別の学習が始まって1学期をどのように過ごしているかについて話しました。 中学生や保護者の皆さんからは「夢に向かってまっすぐに進む姿や、自分の将来をしっかりと語る姿がすごくかっこよかった。」「とてもきめ細やかな説明で、高校生の生の声を聞くことができてよかった。」といった感想をいただきました。生徒による体験授業は、本校ならではの取組です。発表を担当した生徒は「自分たちが楽しんで発表したら、中学生の子たちの雰囲気も柔らかくなって、時々笑顔を見せてくれたりしたので、嬉しかった。」「時間配分を考えて話すのが、とても難しいことを知った。最後に拍手をしてもらえた時、すごく嬉しくて、やってよかったと思った。」と感想を述べており、本校の生徒にとっても意義のある機会となっています。 大変暑い中ご参加いただき、ありがとうございました。

≪ TOPICS一覧へ