TOPICS

パラスポーツ(3年生)

 一般的に、パラスポーツとは障がい者スポーツを意味します。しかし、「パラ」という言葉には「対等」という意味もあり、授業では「パララジオ体操」といった幅広い年齢の方が参加できる体操なども実施しています。そのため、必修科目として受講している福祉プランの生徒はもちろん、選択科目として全員が受講可能な授業となっています。写真は、視覚障がい者が音の鳴るピンポン玉を使ってボールを転がして打ち合う「サウンドテーブルテニス」を体験している様子です

≪ TOPICS一覧へ